誰から

普段、メンバー以外の人間とほとんど会うことのない俺ですが、先日インフルエンザに掛かりました。誰から貰った。

考えてみても、思い返してみても犯人の顔が浮かぶワケもなく、おそらく空気中に漂うどこぞの誰かのインフルエンザをいただいてしまったのだろう。

なんというアバズレな俺の身体。おかげさまで丸2日はぐったりとひたすら寝てました。

ご飯もろくに食えない。何か食べないと治らないと思って食べるも、ウイダーインゼリーとか、アイスクリームとか、そういうものしか食べられなかった。

久しぶりにそんなレベルで寝込んだので、ただ寝ることがこんなに体力を使うだなんでわからなかった。

特にね、腰。腰が爆発四散しそうなくらい痛かった。いくらただ寝てるとはいえ、人間、ずっと同じ姿勢いるってのはよくないんですな。

寝返りを打ったところで、寝ていることには代わりがないのか、それでもなかなか腰の痛みが取れなかった。

俺の腰の話はどうでもいいか。

とにかくそんな状態。何かせめて楽しいことを...と、前にFF5をiphoneにインストールしていたことを思い出し、プレイ。

小学生の時にハマったゲームで、iPhone用の移植版。

当時の記憶をなぞるようにプレイしていたんですが、もうね、大人になって忍耐力が無いのか、詰まったらすぐ攻略サイト見る(笑)

酷い時だと、ダンジョンで道が分かれてたらその時点で攻略サイト開いてた(笑) どっちが宝箱でどっちが進行ルートなのかとか。

いや、自分を擁護するわけじゃないけれど、インフルエンザのせいもあったと思うよ。うん。熱出てさ、しんどい時にまでダンジョンとかボスでつまりたくねぇですよ!

しかも、このゲームはスーパーファミコンの時代のゲームで、それをそのまま移植するだけじゃ今の時代にはダメだろうと、今どきに合わせて戦闘もオートプレイにできるんですよ。

選んだコマンドを勝手に繰り返してくれるやつ。それも若干の倍速モードになるっていう。サクサク、プレイできる。

戦闘は、2Dでキャラクターが少しだけ攻撃のモーションとかで動いて、受けたダメージ、与えたダメージとか、回復とかの数字やモーションが表示されて。

それをいちいち選択したり、見るのがめんどくさいからオートでやる。

もちろん、それは効率が良いし、毎回違うコマンド打つことも少ないし、特別なコマンドを求められるくらいピンチになることもそうそう無いし、非常に便利な機能。

さすがにボス戦はオートプレイしないけれど、雑魚戦はほぼ、90%はオートプレイ。

 で、プレイヤーである俺は、そんなスマホの画面をただ眺めているわけ。ぼーっとね。

そんな画面をただ眺めているだけの自分が、これはもう今流行りのソーシャルゲームをしているのと変わらないんじゃないのかと思った。

 課金とかそういうのはないけれど、なんというか、ゲームそのものの面白さがあるのかわからなくなった。

FF5が面白くないってことじゃないよ。FF5は大好きだし、いろんなシステムとかストーリーもすごい面白いと思う。

もしかすると、なんでも効率よくってすることがダメなのかもしれない。

 攻略サイト見ながら進めたり、戦闘もほとんどオートで、動かすのはフィールド歩くくらいのことしかしてない。それってもはや作業に近い。

レベル上げだって、ただの数字の足し算というか、数字を追いかけてるだけにしか思えなくなる(笑)

 このゲームが出たガキの頃はそんなオートプレイなんてなかったし、攻略サイトなんてなかった。あっても不完全な攻略本か、友達からの情報ぐらい。

そもそも効率なんて求めてなかったかもしれないな。そのときの自分には時間が無限にあるって思ってた気もするし。

まず、今みたいに「絶対絶命」って日々を過ごして無いもんな。

ノスタルジックになったわけじゃないし、懐古主義的なワケでもないけれど、ゲームそのものの楽しさよりも、遊ぶ方の遊び方にも問題があるなと感じた。

逆に当時のままでやれと言われればやらないかもしれないし、途中でプレイを投げてるかもしれないけども。

でも、ある種の理不尽さを受け入れるくらいの情熱を持ってないと、もうゲームって昔ほど楽しめないのかもしれないな。

あくまで俺は、だけど。

そんな攻略サイト漬けと9割オートプレイで進めたFF5も、もうラスボス手前です。ここまで来てラスボスを倒すことにいまいち気乗りしない。

昔、クリアしたこともあるせいか、いまいちラスボスに挑もうという気持ちにならない。

エクスデスもそんな俺に倒されるのは本望なのだろうか。なんかとんだ茶番だぜ。ゲームなんて所詮茶番なのかもしれないけれど。

ただ、なんというか、これは、俺を含めた茶番劇な気がする

 

ハローグッバイレコーズの情報をシェアしよう!