シークレット【#0】/pommeと、Kome/歌詞

4.シークレット【#0】


【壱】

ワンス・アポン・ア・タイム

レンズの向こうで揺れる島

身を焦がした兎を想い   泣き続け

赤い瞳をした    ジュリエッタ 

一匙のおまじない

今日の秒針の音が好き

あと60回のキスをして


噂を運ぶモモイロペリカン

隠れて隠れて玉虫色のビー玉二つ

『エライ事だわ』



【弐】

ワンス・アポン・ア・タイム

真綿に包まれたジュリエッタ

一匹。物怖じしない 木槌の音が響き

振り子が止まる 線と色彩の分離

ホッパー達の野次が飛び交う

助けて助けて

そこにいるんでしょう?

フェアリー・ゴッド・マザー!!



白い足跳ねる記憶     道ならぬ夢

身を灼かれた想いの後残った夢の炭

三つ編みが踊る    誰にも言えない恋

高熱だけが 未だ胸の中で燻ってる


重ね合わせた嘘の上に

作られた虚像に想いを寄せ

届く事は無いと分かってても

そう進むしか道はなかった

ようやく満ち足りた想いを乗せ

未来に向かい進み始めた

それなのに最後に手を握った

あの時から時間が零れてく


汚れてしまい 穢れてしまい

それなのに求めた結果なのか

嘘じゃなくてホントの気持ち

それが最後に苦しみもがく

夢では無い現実の有様

生きる為に描いてきた線が

二つに別れ 一つになった

赦されない想い背負ったまま



白い足跳ねる記憶     道ならぬ夢

身を灼かれた想いの後残った夢の炭

三つ編みが踊る    誰にも言えない恋

高熱だけが 未だ胸の中で燻ってる


白い足跳ねる記憶     道ならぬ夢

身を灼かれた想いの後残った夢の炭

三つ編みが踊る    誰にも言えない恋

高熱だけが 未だ胸の中で燻ってる




ハローグッバイレコーズの情報をシェアしよう!